2014年04月01日

K9ナチュラルの与え方について

毎日食べるドックフードもどれくらいの量を与えたらいいのか?って結構疑問ですよね?

給与量は、犬の年齢、活動量、そして、現在の体重によって違ってきます。通常、健康な成犬の場合、1日の給与量は、水で戻した状態で体重の3%の量が基準となります。子犬や妊娠中・授乳中の母犬は、基準より少し多めの量が必要になりますし、シニア犬の場合は、基準より少なめの量がよいでしょう。

K9ナチュラルの公式サイトには「給与量ガイド」があります。
これを見れば、簡単に愛犬のための適切な給与量がわかります。

自分の愛犬に合わせて量を調整しましょう^^

⇒k9ナチュラルの詳細情報はこちらから


posted by ドックフード 初めて at 19:42| Comment(0) | K9ナチュラルの与え方について | 更新情報をチェックする

K9ナチュラルの原材料について

K9ナチュラルは人間用の食肉を使用しています。獣医師の健康診断を受け、食肉工場で処理されてニュージーランド政府公認の検査機関で検査を受けた肉のみを使用。衛生的で極めて安全性の高い肉です。K9ナチュラルは、牧草地で自然死した家畜や、病気やけががある家畜は一切使用していません。

また肉(動物)の種類の違いによって、タンパク質や脂肪の含有量の違いがありますが、どの種類のK9ナチュラルにも十分なビタミン、ミネラルなどが含まれていて、自然界での食事と同じような内容になっています。ラム(子羊)、ビーフ(牛肉)、ベニソン(鹿肉)、チキン(鶏肉)この4種類を交互に与えることで、自然界での捕食(肉食動物が餌となる対象の動物を捕らえて食うこと)と同様のバラエティーが得られ、栄養バランスがさらに良くなります。ぜひお試しください。

原材料についてはもっと詳しい詳細は公式サイトをチェックしてください
K9ナチュラル

posted by ドックフード 初めて at 18:57| Comment(0) | K9ナチュラルの原材料について | 更新情報をチェックする

K9ナチュラルのドッグフードの特長

K9ナチュラルは、愛犬が「本能で求める」 100%ナチュラルな生食ドッグフードです。


・穀物※(小麦・米・トウモロコシ・大豆等)不使用
 ※犬の腸にとって消化しにくく、またアレルギーなど皮膚疾患の原因になりやすい穀物は使用していません。

・人工の添加物(香料・着色料・保存料・酸化防止剤・栄養添加物)不使用

・犬の食性に合った栄養バランスで設計(85%以上が新鮮な肉類)

・フリーズドライ製法で「生食」を手軽に保存

・AAFCO(米国飼料検査官協会)の基準をクリア

・ニュージーランド産の新鮮素材をフレッシュ(非加熱)加工※
 ※製造はすべてニュージーランド。加工工場を通じてトレーサビリティ(追跡調査)を確立、食の安全には万全を期しています。

・子犬からシニア犬までオールステージ対応

・食材はすべて人間食用を使用

⇒k9ナチュラルの詳細情報はこちらから




posted by ドックフード 初めて at 18:56| Comment(0) | K9ナチュラルのドッグフードの特長 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。